今流行りの『定額制セルフエステ』とは?

セルフエステとは?



こんにちは! おちびです。

最近「セルフエステ」という言葉を耳にする機会が増えましたよね!
コロナで新しい生活様式が浸透していく中、セルフエステという業態もこれからどんどん増えていくのでしょうか。

今回はそんな「セルフエステ」についてまとめてみました!

 

自宅でエステをする意味での「セルフエステ」という言葉もありますが、当記事ではエステサロンの新形態である「セルフエステ」についてお伝えします。
BODY ARCHI セルフエステの無料体験に行ってみた!

BODY ARCHI セルフエステの無料体験に行ってみた!

セルフエステとは


セルフエステ
とは、最先端のエステマシンを使って自分で施術するスタイルのエステ のこと。
「月々〇〇円」といった 定額制 で、予約が取れる限り何度でも 通い放題 です!

本来「エステサロン」というとプロのエステティシャンが施術してくれるサービスが主流ですが、最近流行りだした「セルフエステ」というサービスは、マシンを自分自身で操作するんですよ!

従来のエステサロンとの違い

従来のエステサロンセルフエステ
プロが施術してくれる自分自身でマシンの操作を行う
プロが施術するため高価格セルフサービスのため低価格
施術コースから自分にあったプランを選ぶ気になる部位を集中的に施術できる

セルフエステのメリット

とにかく低価格

通常のエステサロンは、プロのエステティシャンが直接施術してくれるため、どうしても価格が高くなってしまいます。

リクルートが調査した【美容センサス2020年上期】≪エステサロン[フェイシャル、ボディ/痩身]編≫ によると、女性のエステ 1 回あたりの利用金額は ¥7,545 という結果。

対して セルフエステは、定額制で通い放題! 人によって通う回数も違うので平均額を出すのは難しいのですが、1 回あたりおよそ ¥3,000 となっています!
施術をお客さん自身に行ってもらうことで人件費が削減できるため、このような低価格が実現できるんですね✨

完全個室を独占!ひとりで身体に向き合える

セルフエステは、完全個室! 受付以外でスタッフさんと顔をあわせることがありません。
そのため、人目を気にせずじっくり身体に向き合うことができるんです!

どんな格好でも OK ですし、鏡に向かってポージングなんかしちゃっても OK!

最先端マシンを独占して過ごす時間はなかなかの至福 です。

好きな部位を好きなだけお手入れ

通常のエステサロンだと、プランを決めたら特定の部位に 〇〇 分などと限定して施術を行います。
対してセルフエステの場合、利用時間内であれば どの部位にどのくらい時間をかけても OK!

例えばフェイスラインを細くしたければ、毎回フェイシャルだけやるのも OK。
下半身の脂肪が気になるのであれば、お腹周り〜お尻〜足にかけてを順番にやるのも OK。

とにかく 自由に好きな部位に集中できる のです!

その日の気分や身体の調子で施術場所を決められるのはメリットですね♪

セルフエステのデメリット

マシンの扱いに慣れが必要

全てセルフサービスのため、自分でマシンを使いこなす必要があります。

「使い方が正しくなかったせいで、効果が現れなかった」なんてことになったら悲しいですよね...。
もちろん、マシンの使い方やコツなどは個室内のポスターや端末で確認できる ので安心です。でも慣れないうちは「これであってるのかな...?」と不安になるかもしれません。

癒し効果は期待できない

従来のエステサロンであれば、自分は寝転がっているだけで良いので 施術時間もリラックスして過ごすことができます。

しかし セルフエステの場合は全て自分でやりますので、精神的な癒し効果は得られません。

  • 重いマシンを持っての施術
  • マシンの操作
  • 時間内で身支度を済ませて退室


    このような作業が「面倒」と感じるあなたには、セルフエステは向いていないかもしれません。

装飾画像


施術のやり方


基本的に全てセルフサービスのエステになりますが、初回来店時はきちんとスタッフさんが同席して、直接マシンの使い方を教えてくれるので安心です◎

逆に言えば、マシンを良く知るスタッフさんに教えてもらいながら施術できるのは初回だけ。
分からないことや知りたいことがあったら、その場で質問して、疑問を解決しておくことをオススメします!

例:

マシンを使うときのコツってありますか?

下半身をメインに頑張りたいんですけど、どういう時間配分でやったら良いですか?

エステと並行して、生活の中で意識するポイントとかってありますか? など



初回を終えて正規に入会したら、それ以降は 1 人で施術します。

どのセルフエステサロンでも、基本は 施術部にジェル or クリームを塗る → マシンを当てる の簡単な流れ♪
マシンの使い方や当て方のコツは 個室内のポスターで確認できたり、サロンの公式サイト・SNS 等でも紹介されています!


慣れるまでは、サロンへ行く前に 動画を見てマシンの当て方をしっかり覚えて行くと安心 かも!

 

ちび
わたしが実際に初回体験に行った時は、お腹の施術をしながらコツを丁寧に教えてもらったよ!でも、下半身痩せを目指してるから「足へのマシンの当て方」も聞いておけばよかったな〜と後から後悔💦


サロン選びのポイント


では、セルフエステに通いたいと思った場合、どういった基準でサロンを選んだら良いか迷いますよね!
ここでは、自分にあったサロンの選び方 についてのポイントをまとめました。

どんなマシンを採用しているか

サロンによって導入しているマシンは様々です。
自分が「どの部位に悩みがあるのか」「どんな効果を期待して通うのか」によって、サロンを比較するのがポイントです!

全室で共通のマシンを導入しているサロンもあれば、複数のマシンを導入していて部屋ごとに使えるマシンが違う、というサロンもあります。

あなたの目的とマシンの相性 で判断してみましょう◎

通いやすい場所に店舗があるか

セルフエステの良いところは 通い放題なところ!せっかく行くなら、できる限り多く通いたいですよね。そのため、通いやすい場所に店舗があるかどうか を確認しておくのも重要です。


見るべきポイントは 2 つ!

  • 自宅や勤務先からのアクセスの良さ
    通うたびに電車賃を払って行くのは勿体ないですし、遠いところまでわざわざ通うのは時間もかかります。なるべく通いやすい場所に店舗を構えているサロンを選ぶと良いでしょう◎
  • 定休日の有無
    サロンによっては定休日を設けているところがあります。「今日は予定がないからサロンに行きたいけどお店が休み...」という状況でモチベーションが下がってしまいそうな方は、なるべく定休日のないサロンを選んだ方がストレスなく通えますよ♪

料金プランや条件が分かりやすいか

セルフエステは月々定額制が基本ですが、料金プランが複数あったり、コース変更や休会・退会などをするために条件を設けているサロンもあります。

入会してから

「コース料金以外のオプションでお金を取られた」

「3 ヶ月目で退会しようと思ったけど、あと 1 ヶ月通わないと解約料がかかると言われた」

などと後悔しないためにも、料金プランや各種条件が分かりやすく提示されているのか 公式ホームページ等からチェックしておきましょう!

おわりに


いかがでしたか?

自分自身で施術することに抵抗がない方にとっては、メリットが多くてセルフエステはもってこいのサービスだと思います⭐️

『セルフエステ』についてもっと詳しく知りたい!という方は、ぜひ 私が実際に無料体験へ行ったリポート記事も参考にしてみてくださいね!

 

BODY ARCHI セルフエステの無料体験に行ってみた!

BODY ARCHI セルフエステの無料体験に行ってみた!

BODY ARCHI(ボディアーキ)

スポンサードリンク