【日帰りOK】アクアホテル燕三条の大浴場に行ってみた

【日帰りOK】アクアホテル燕三条の大浴場に行ってみた


こんにちは。サイト運営者のおちびです。
今回は、アクアホテル燕三条の最上階にある大浴場に行ってみましたので、感想とともに日帰り入浴のご紹介をします。


アクアホテルの展望風呂

画像引用:アクアホテル

JR 上越新幹線の停車駅である燕三条駅。こちらの駅から徒歩 1 分のところに、アクアホテル燕三条駅前店はあります。

ホテルは 10 階建てになっており、最上階に『展望風呂』を謳う大浴場が備えられています。宿泊客のみならず、日帰り客にも開放してくれるのは嬉しいですね。


日帰り入浴はワンコイン

利用時間展望風呂 12:00 〜 18:00
サウナ  16:00 〜 18:00
※毎週月曜日は清掃のため 15:00 以降利用可
利用料金500 円
(貸しタオル 100 円)


日帰り利用は 500 円と、ワンコインで楽しめる手軽さです。
入浴時間は午後の時間帯に限られているので使い勝手の良さには少々欠けますが、そのおかげで利用客は少なく、タイミングが良ければ貸切状態になりますよ。


利用手順

日帰りでアクアホテルの大浴場を利用したい場合は、まずホテル 2 階のフロントへ向かいましょう。
フロントのスタッフに「日帰り入浴」と伝えれば、そこで支払いと借りる場合はタオルの受け取り、そして大浴場の入り口の暗証番号メモをもらえます。

アクアホテルでは大浴場の入り口に鍵がかかっており、利用客が個々に暗証番号を入力して開錠するシステムになっているようです。


アクアホテル大浴場
photo by ちび


フロントからエレベーターを使って最上階の 10 階へ上がると、すぐ右手が大浴場の入り口です。
手前には小さなロッカーが備えられているので、貴重品などの手荷物はここに預けましょう。


そして大浴場へ入る際は、フロントでもらったメモをもとに 4 ケタの暗証番号を入力します。




ここから先は写真の撮影ができませんので、文章と公式画像でご紹介していきますね。

ゆっくりバスタイム

まずは靴を脱いで脱衣所へ。
女湯には、大きめの鍵付きロッカーが 8 つありました。ビジネスホテルですし、男湯はもう少し数が多いでしょうね。

画像引用:アクアホテル


化粧台は 3 つ、ドライヤーは 2 つです。
女性目線で気になるアメニティについては・・・残念ながら、何も備えられていません。クレンジングオイルや化粧水、乳液などは持参する必要があります。

そのほか、ゴミ箱や物置き棚、体重計は備えられていました。




さて、準備ができたら早速お風呂へ!

画像引用:アクアホテル


浴室内は、大きな窓から入る光で明るく開放的な空間!
お風呂が 1 つと洗い場が 4 つ (男湯はこれより多そうですね)、そしてサウナルームが備えられています。申し訳程度のボリュームで BGM も流れていますよ。



軽くシャワーで身体を流したら、湯船へ。
お風呂は横長で、MAX 10 人くらい入れるでしょうか。コンパクトではありますが利用客も少ないので問題ありません。
お湯加減は 40 度ほど。熱過ぎず、ぬる過ぎずでちょうど良い。
ちなみにこちらのお風呂は温泉ではありません。




そして、眺望について。

最上階10階の展望風呂からは、燕三条エリアと新潟平野を眼下に望み、開放感100%のナイスビュー。

引用:アクアホテル

と公式サイトにありますが・・・うーん。『ナイスビュー』はちょっと期待させ過ぎかな?笑
個人的な感想ですが(^_^;)
とはいえ、開放的な景色が広がっているのは間違いないです。





女湯は燕市側に面しているので、燕三条駅前 (イオン周辺) とその奥の弥彦山が一度に楽しめる景観です。町と山のコラボレーション、という感じ。
手前に広がる市街地が少々ごちゃごちゃしている感じと、遠くのマンションから浴場が見えてないかな?という一寸の不安があるのは否めません。

しかし周りには背の高い建物もそう多くないですし、遠くまで景色が見渡せるのはやはり気持ちが良いですね。夜には、ひょっとしたら夜景も楽しめるんでしょうか。
調べたところ、男湯の方は三条市側に面しているようです。






さぁ、身体の芯まで温まったところで、ふたたび洗い場で身体を洗います。
浴室にはもちろんボディソープ・シャンプー・コンディショナーが備えられていますので、この辺りは持参しなくて大丈夫ですね。



これは女湯だけかもしれませんが、身体を洗っている時、鏡越しに山々が見えるんです。街中にいながら自然を感じられるのは結構いいかも!なんて思いました。
やっぱりお風呂は癒されますね♪



私はちょうど先客のいないタイミングで入れましたので、ひとりで大浴場を満喫させてもらいました!



イメージ画像
画像はイメージです


お風呂からあがり、髪を乾かして帰り支度をします。


アクアホテルの公式サイトには「外来入浴用の休憩室などはございません」と書かれていましたが、脱衣所の一角にちょっとした休憩スペースがありましたよ。
ソファとテーブルがひとつずつ置かれているので、水分補給をしながら一休みくらいはできそうです。


借りたタオルは、脱衣所内にある使用済みカゴにぽいっと入れておけば OK。お風呂が済んだら、帰りはフロントに寄る必要がありません。暗証番号のメモについては特に案内がなかったので、私は捨てて帰ってきました。



ということで、ワンコインで楽しめる展望風呂。開放的な気分で、気持ちよく汗を流すことができました。


アクアホテル燕三条駅前店へのアクセス


JR 上越新幹線 燕三条駅の燕口から徒歩 1 分です。


日帰り入浴に行かれる際は、利用時間などを確認のうえお出かけくださいね!
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク